貸倉庫を活用することのメリット

貸倉庫は、不動産業者が倉庫を貸して、それから賃料収入を得ている物件です。
元々は、所有者が倉庫を自分で使っていたけれど、使用しなくなったという物件が多いです。


つまり、使わなくなったことから、投下貸本の回収を賃料収入を得ることで行おうとして、貸しに出されています。

利用者の側から見ると、倉庫を一から建設する場合に比べて、初期投資を抑えて営業することが可能というメリットがあります。



もちろん、長期的に見れば所有していたほうが安くなりますが、それは倉庫が使えなくなるまで使った場合の話です。

ずっと使い続けかどうかは、将来の事情が絡んでくるので、予測は不可能です。
もしかしたら使わなくなる可能性もあります。

そのため、とりあえずコストを下げて操業を始めて、余裕が出てきてから倉庫を建設するという方法には合理性があります。

また、倉庫の中には、物流サービスの一環として貸し出されている貸倉庫もあります。
これは、場所を貸し出すだけでなく、管理をすることも請け負っているというものです。この場合は、貸倉庫を運営している会社は、はじめから商品等を預かることを目的として貸しています。大型の倉庫に多いスタイルです。



いずれのパターンであっても、倉庫を所有することなく事業等に使用することができるため、一時的な利用に向いています。

T-SITEの珍しい情報をご紹介しています。

また、管理もするパターンでは、倉庫業者の管理ノウハウを活かしてもらうことができるため、管理コストも低減します。