貸倉庫として倉庫を利用させることで有効利用

倉庫を所有しているけれど現在は使用していないという人がいるのであれば、貸倉庫として貸し出しをすることをお勧めします。

livedoorニュースの情報が詰まったサイトです。

その理由は、スペースを無駄にしないということもさることながら、賃料収入を得ることができるため、収入の足しにできるからです。
倉庫はそのままでは劣化していくだけで、いずれは使えなくなってしまいます。
そのため、使えるうちに有効利用しておいた方が、価値を最大限に使用できたことになります。

貸倉庫として貸し出す場合には、倉庫業者や不動産業者に仲介を依頼します。


自分は賃貸借契約の賃貸人として、相手に倉庫を使用収益させる義務を負いますが、同時に賃料の支払いを受ける権利も得ます。



契約関係はすべて倉庫業者や不動産業者が代わりに代行してくれますので、面倒な事務処理は自分では行わずに済みます。
もちろん、仲介や契約締結の代行を依頼する場合にはそれなりに手数料を取られますが、そのノウハウを活用できた方が所有者にとってはメリットがあります。
したがって、貸倉庫として貸し出すときには利用すると良いでしょう。
貸倉庫とする場合以外にも、倉庫自体を売却してしまうという方法もあります。今後全く使わないのであれば、自分でもって賃料収入を得るのも良いですが、まとめて現金化するのも一つの資産の処分としてあり得る方法です。
所有に伴う税負担等がなくなります。



ただ、これは大規模な、陶器が存在する倉庫の場合の話です。
小規模の建物とは言えないものは、買い手がつかないので、貸していた方が良いです。